はじめての自動車バッテリー


 
メニュー
TOPページ/バッテリーとは
バッテリーの寿命
バッテリーの取扱方法
「バッテリーあがり」って何?
バッテリーあがり時の対処方法
バッテリーのチェック方法
バッテリーの選び方のコツ
バッテリーの交換方法
バッテリーを長持ちさせるコツ
バッテリーの廃棄方法について

バッテリーの寿命

どんなものにも寿命というものがありますが、自動車のバッテリーにも寿命があります。

バッテリーは電極の金属と電解液の化学反応によって電気を溜め込んだり、解き放ったりしています。

単純にいってしまえばこの繰り返しをたくさん行えば行うほどバッテリー自体は劣化していき、最終的には充電機能が損なわれて、バッテリーとしての機能を失うことになります。

寿命は使い方によるところが大きいので一概にこれくらいというものはありませんが、よく3年程度で交換しなさいといわれます。

しかし、世の中には2回目の車検を迎えても最初につけられていたバッテリーのままで十分機能しているものもあり、この3年というのはあくまでも目安でしかありません。

一方、まだ一度も車検を通したこともないのにバッテリーを交換するという方もおり、使い方、メンテナンスの頻度によってかなり大きな差が生まれているようです。

ただ3年を経過したバッテリーは充電不良などのトラブルが多く発生していること考えてみるとまんざら適当な数字ではないようです。

ただ困るのがバッテリーに寿命が来ても、顕著に症状が出ないのです。

寿命が来ると充電容量が減るのですが、このバッテリーでも毎日通勤に車を使っている場合にはその充電容量の減少には気が付きません。

走行中もよほどたくさんの電気をまとめて使っている状態でないと電力低下に気が付くこともありません。

最終的に車のエンジンをかけようとして、スターターモーターを回した時にその状態に気づき、そこでバッテリーの寿命が来たと理解するようになってしまうのです。

 

Copyright(C) はじめての自動車バッテリー Allrights reserved.