はじめての自動車バッテリー


 
メニュー
TOPページ/バッテリーとは
バッテリーの寿命
バッテリーの取扱方法
「バッテリーあがり」って何?
バッテリーあがり時の対処方法
バッテリーのチェック方法
バッテリーの選び方のコツ
バッテリーの交換方法
バッテリーを長持ちさせるコツ
バッテリーの廃棄方法について

バッテリーあがり時の対処方法

いざ車に乗ろうとしたらエンジンがかからない、こんな状態が「バッテリー上がり」なわけですが、こうなってしまったら「どうしてこんなになっちゃたんだろう」とか「どこが悪いのだろう」と考える前に即行動です。

まず自宅にガレージに止めてある車の場合はその車の使用はあきらめてバッテリー充電機に頼りましょう。

5000円で一般的な乗用車のバッテリーを充電できるものが売られているので、それを使って一晩充電します。

使い方はいたって簡単、バッテリーのマイナス端子を外して、充電機から出ているワニ口クリップを、プラス・マイナスを間違えないように繋いでコンセントを入れ、電源ボタンを押せばOKです。

次に外出先でこうなった場合は、周りにいる方にお願いしてブースターケーブルでつないでもらいます。

お互いに車同士を近づけてバッテリー同士の距離が短くなるようにします。

そしてブースターケーブルをつなぐわけですが、ここでやり方を間違えると大変なことになる可能性もあるのできちんと行います。

まずは自分の車のバッテリーのプラス端子に接続し、その次に相手のプラス端子に接続します。

次に今度は相手のマイナス端子にもう一本のケーブルを接続し、そして自分のマイナス端子・・・といいたいところですが、ここでは自分のマイナス端子ではなくエンジンブロックにつけられているエンジンハンガーなどの金属部分につなぎます。

これはバッテリーによる爆発事故を防ぐためです。

後は相手にエンジンを掛けてもらって少し回転を高めに保ってもらったらこちらもエンジン始動です。

これでエンジンはかかるわけですが、ケーブルの外し方も肝心、取り付けた順番と逆の順番で取り外します。

ケーブルを扱う時はくれぐれもボディなど金属部分に触れないようにしましょう。

もし、近くに車がいなかったらこれはもうロードサービスに頼るしかありません。

近年、あまり他人とかかわりを持ちたくないという方が多くなってきているせいかブースターケーブルによる作業を好まない方が多く、何もしないでロードサービスを待つという方法もありかと思いますが、自分の車自分でどうにかするという基本の精神を忘れないようにしましょう。

 

Copyright(C) はじめての自動車バッテリー Allrights reserved.